Processed with VSCOcam with a5 preset

2002年、タカハシコウキのソロユニットとしてスタート。
2005年、ライブが評判を呼び、
音源のリリースがまだないにもかかわらず
初のワンマンライブはソールドアウト。
2006年、ミニアルバム「peridots」でメジャーデビュー。

デビュー10周年直前の2015年9月、久保田光太郎、Fire、中畑大樹が加わり
4人編成のバンドになることを発表。
タカハシの「歌うために生まれてきた」と評される声と、
ブラックミュージックから90年代パンクまでをも
独特の切り口で消化した楽曲を、久保田のシンプルで的確なアレンジと
激しくも歌に寄り添ったFireと中畑のリズムが彩っていく。
どこかにありそうで、どこにも存在し得なかったロックバンド。

Follow Me