#peridots

2002年、タカハシコウキのソロユニットとして活動開始。「歌うために生まれてきた」と評されるその声と、ブラックミュージックから90年代パンクまでをも独特の切り口で消化した楽曲が評判を呼び、音源リリースがないにもかかわらず、2005年にZher the ZOO代々木で行われた初のワンマンライブが完売。2006年、東芝EMIからミニアルバム「PERIDOTS」でメジャーデビュー。デビュー10周年を目前にした2015年9月、それまで活動を共にしてきた最強のサポートメンバー、久保田光太郎(Gt.)、FIRE(B.)、中畑大樹(Dr.)の3人が加入し、4人編成のバンドになることを発表。一筋縄ではいかない活動ながら、多くのミュージシャンをも魅了する中毒性の高い音楽は更に純度を増している。

#Gen Peridots Quartet

2010年から、peridotsとしてタカハシコウキがピアノとの2人編成で“Echoes & Walls”と題したアコースティックライブツアーを開始。2014年、デビューミニアルバム「PERIDOTS」のプロデューサーでもあった河野圭を招いてEchoes & Wallsが企画される。「peridotsとピアノ」という組み合わせに、河野圭の真骨頂でもあるストリングスアレンジを融合させるべく、若き天才、須原杏(Violin)と林田順平(Cello)が参加。その年2回だけのライブが、後にファンから強く再演を望まれることになり、この編成が通称“弦ペリ”と呼ばれ始める。2016年1月、2年ぶりの“弦ペリ”のライブを開催。そこで全員が正式メンバーになり、その名を『Gen Peridots Quartet (ゲン・ペリドッツ・カルテット)』とすることを発表。peridotsタカハシコウキの楽曲を再構築し、歌におけるピアノと弦の可能性を果敢に押し広げていく4人組となる。

peridots相関図 FIRE 久保田光太郎 中畑大樹 タカハシコウキ 須原杏 河野圭 JP